<< ピザ123万4567枚に到達 神戸のイタ | main | シンクロ五輪練習、5色水着で 体の高さ一 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.06 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    豪華声優陣による『ラスプレ』Lite版が

    0
      そもそも『Diablo』シリーズとは? 2012年5月、PCゲーム『 Diablo III 』が発売された. 海外のみのリリースだが、発売日近辺では秋葉原をはじめとした多くのショップが輸入盤を取り扱っていたので、目撃した人も多いのではなかろうか. そもそも『 Diablo 』とは、1997年に登場したアクションRPG. ダンジョンにもぐって敵を倒し、レアな装備品を見つけて主人公を強化していくという、ストイックなやりこみ要素が話題に. 当初PC版が発売され、ついで初代プレイステーションにも移植された. 日本語版も発売されたため、ハマった人もいることと思う. また当時としては珍しいオンラインプレイに対応したことも大きな特徴. 協力プレイという新しいゲームの魅力は業界に大きな影響を与え、『 セイクリッド 』シリーズや『 ファンタシースターオンライン 』シリーズなど、現在のMORPGの礎を築いた作品でもある. そして2000年には続編となる『 Diablo II 』が登場し、前作を上回る空前の大ヒットを記録する. その完成度はもとより、数年間にわたってアップデートが行われ、ゲーム内容がどんどん進化していったため、人気は長期間持続した. こないだまで遊んでいたよ、というプレイヤーも多いのではないかな. 時は流れて12年、ついに待望の最新作が登場. 初週販売630万本という、これまた大ヒットとなった. 世界が熱狂しているのはどんな作品なのか、インプレッションをお届けしよう. 『Diablo』シリーズはクォータービューのアクションRPG. 最新作の『III』ではグラフィックが3Dに一新され、より美しい映像に. キャラクターを作成していざ出陣! 本作をプレイするにはオンラインへの接続が必須だ. アカウントの作成を行い、ゲームを起動したら、まずはプレイヤーキャラクターの作成を行う. 今作で選べるクラス(職業)は、BARBARIAN、DEMON HUNTER、MONK、WITCH DOCTOR、WIZARDの5種類. 前作では拡張パック導入後だと7種類から選択できたが、クラスによって性別は固定されていた. 今作ではクラスごとに性別を自由に選べるため、外観のバリエーションは増加した形だ. キャラクターは5種類のクラスから選択可能. 名前は自在に付けられ、性別も変更可能だ. キャラクターは10体まで作れる. 物語は、主人公がある街にたどり着いた場面からスタート. 周囲に現れたゾンビを倒して街に入り、住民から依頼されるクエストをクリアーしてストーリーを進めていくスタイルだ. 発生するクエストの順番は一定で、さらに内容も"アイテムを見つけてこい"だの"ボスを倒してこい"といった単純な目的ばかりだ. オープンワールドRPGのような自由度の高さは期待できないが、そのシンプルさゆえに英語が苦手な人でも何をすればいいかわかりやすい. 画面右上のミニマップには目的地の方角が矢印で表示される. マップの下にはクエストの目的が表示されるため、つぎに何を行えばいいのか一目瞭然. バトルの中核をなす豊富なスキル プレイヤーキャラクターは、多彩なスキルを使用できる. スキルは、自分でボタンを押して使用するアクティブスキルが6カテゴリと、選択すれば効果が持続するパッシブスキルの計7カテゴリが存在する. アクティブスキルはマウスの左右ボタン、キーボードの1~4ボタンが各カテゴリに対応. たとえばマウスの左ボタンにはPRIMARYカテゴリが割り当てられており、このカテゴリには数種類のスキルが存在している. そのうちひとつをあらかじめ選択しておき、以降はマウスの左ボタンを押すだけでそのスキルを使用できる、という仕組みだ. レベルが上がると新しいスキルを覚えていくため、ゲーム進行に応じてバトルの選択肢がどんどん増えていく楽しさがあるのだ. さらに、各スキルにはルーンが存在する. これはスキルに新たな効果を付与するもので、各スキルごとに数種類存在する. こちらもスキルと同様、レベルが上昇すれば新しいルーンを覚えていく. スキル画面では、各カテゴリからひとつを選択する. パッシブスキルは最大3つまで選択可能. またゲームオプションの"Elective Mode"にチェックを入れると、カテゴリに左右されず自由にスキルを設定することが可能だ. ボタンに対応するスキルを選んだら、続いてそのスキルのルーンを選択する. 同じスキルでも、レベルが上がると性能を変化させられるのだ. 今回はWIZARDを例に紹介してみよう. PRIMARYカテゴリの"Magic Missile"は、紫色の光弾をひとつ発射する基本的な攻撃スキルだ. レベルが上昇し、このMagic Missileの"Split"というルーンを選択すると、光弾の数が3つに増えるのだ. 1発あたりのダメージは標準状態より下がってはいるが、総ダメージは上昇しているし、また数が増えているため敵に当たりやすいというメリットがある. これが初期状態のMagic Missile. 最初から使える攻撃でマナも消費しないため、長いあいだお世話になる. Magic MissileのルーンをSplitにすると、同時に3発発射するようになる. 同じスキルでもルーンによって性能が変化していくのだ. 続いて、今度はスキルそのものを"Magic Missile"から"Spectral Blade"に変更した場合. 主人公の前方を魔法の剣で斬りつけ、周囲にいる敵すべてにダメージを与える、という攻撃に切り替わる. もちろんレベルが上がれば、"Spectral Blade"のルーンも増えていき、より攻撃のバリエーションが増えていく. PRIMARYのスキルをSpectral Bladeに変更すると、攻撃方法自体がガラッと変わる. Magic Missileより高威力だがリーチが短い. 本作ではキャラクターにステータスが存在するが、前作のレベルアップ時に自由に割り振れる方式から、自動的に上昇する仕組みに変更された. 膨大な数のスキルから6つの組み合わせを選択することで個性を出す、という方式に変わったのだ. スキルを駆使して強敵に立ち向かえ! 本作のバトルは、前述のスキルをいかに活用できるかが勝負だ. PRIMARYのスキルはいわゆる通常攻撃に当たるものが多く、とくにリソースを消費せずに発動できる. その代わり威力や特殊効果は控えめだ. それ以外のスキルは、マナや時間といったリソースを使うかわりに強力な威力を持つものが多い. 基本的にはこれらを主軸に戦い、マナがつきたときや、スキルのクールタイム(使用不可能時間)時に、PRIMARYスキルで乗り切ったり、逃げたりするわけだ. キャラクターの体力やマナは、ポーションを使用することで回復できる. ただし前作とは異なり、使用すると再使用まで一定の時間が必要になる. つまり連続使用できないため、ポーション連打でごり押しする、という戦法が行えなくなっているのだ. その代わりに、まれに敵を倒したときヘルスグローブが出現するようになった. これを入手すると体力が回復するため、基本的にはこちらがメインの回復手段となる. ポーションはどちらかというと緊急回復用、という位置づけだ. WIZARDならば、巨大な氷を降らせて一定範囲に大ダメージを与える"Blizzard"、炎を吐く龍を一定時間召喚する"Hydra"など、ド派手なスキルを使用可能. ただし使用にはマナを消費するため、これらのスキルだけで戦うのは難しいのだ. 敵を倒したり、ボスにダメージを与えると、まれに赤く光るヘルスグローブが現れる. どのタイミングでゲットしてヘルスを回復するか、という戦略も重要になる. 本作の敵キャラクターにはいくつか種類が存在する. 通常の敵に加えて、青い名前のチャンピオン、黄色い名前のレア、紫色の名前のユニークだ. いずれも通常に比較して数倍の強さを誇る. チャンピオンは固体の性能はそこまで強力ではないが、複数で出現するため苦戦は必須. レアは1体のみながら非常に強力で、複数の手下を従えている. ユニークはいわゆるボスキャラクターで、当然ながら強烈な攻撃を行ってくる. これらの特殊モンスターは、周囲に壁を発生させるもの、テレポートするもの、分身するものなど、さまざまな特殊能力を持っている. また通常の敵に混ざって出現するため、たとえボス戦でなくても気を抜けない. 緊張感あふれる戦いがつねに楽しめるのも本作の魅力のひとつだ. 通常よりも大幅に戦闘力が高い、特殊なモンスターも登場する. 強敵だがレアアイテム入手のチャンスでもあるのだ. やっかいな特殊能力を持つモンスターも. これは一定時間壁を出現させる"WALLER"という能力を持ったモンスター. 移動が制限されるため敵の攻撃を受けやすくなる. まだ見ぬアイテムを求め、さきへ進むのだ! 本シリーズの魅力のひとつに、トレジャーハント(トレハン)がある. 本作の武器や防具といったアイテムには、基本的な性能に加えて、まれに効果が付与されたマジックアイテムが存在する. 付与される効果やその威力はランダムのため、よりよい装備を求めて冒険を続けるという楽しみかたもできるのだ. 敵がドロップするアイテムは、敵のレベルが高ければ高いほど良質になるため、基本的にトレハンはレベルを最高まで育ててからの楽しみかただ. だがキャラクターの育成中では、最高性能にはほど遠くても良質の装備を入手できれば嬉しいし、すぐさま戦闘で効果を体感できるため、バトルの魅力にも直結している. マジックアイテムの一例. 左には現在装備しているアイテムが表示され、性能を比較できる. 右側の武器は装備すると"Dexterity"が19増える追加効果がある. また、入手できるのは武具だけではない. まれに宝石を入手でき、これをソケットが空いた武具にはめ込むと、さまざまな効果を付与することができる. 不必要な武器や防具は、商人に売ってお金に換えるほか、マジックアイテムならば分解して素材にすることも可能だ. 宝石にはサイズがあり、小さな宝石を複数材料にすると、より効果が高い大きな宝石にすることができる. また武具を分解した素材をもとに、新たな装備品を作ることもできる. これらのクラフトを行うには、職人に頼む必要がある. 職人にはレベルが存在し、お金やアイテムを渡して職人のレベルを上げると、より高度なアイテムが作れるという仕組みだ. また、プレイヤーキャラクターがアイテムを保存できる保管庫が存在する. 保管庫の中身は同一アカウントで共有しているため、キャラクター間でのアイテムの受け渡しがスムーズに行えるのだ. 保管庫に入れられるアイテムは最初は少ないが、お金を払うことで拡張できる. 素材をもとに、新たな武器や防具を作り出すことが可能. ランダムで追加効果が付与される. アイテムを保存できる共有保管庫. お金を払うことで、アイテムを保存できるスペースを拡張できる. ほかのプレイヤーと売買できるオークションハウス 本作から登場した新たな要素に、オークションハウスがある. これはゲーム内におけるオークションで、誰でも落札や出品が行える. アイテムトレード自体は過去作でもプレイヤー間で行えたが、システムとして実装されたため、より手軽かつ安全に取引が行えるようになったわけだ. 本作最大の注目点として、通常のオークションハウスに加えて、現金でトレードを行える"リアルマネーオークションハウス"(RMAH)が運営されていることだ. MMORPGの『 EverQuest II 』をはじめ、過去作で同様のシステムを導入していた例があるため、先駆者というわけではないが注目度は高い. 利用するしない、好き嫌いはひとまず置いておき、今後の動向を見守っていきたい. アイテムのオークション画面. 現在の価格と即決価格、残り時間が表示されている. 出品アイテムの詳細を調べたり、検索することももちろん可能だ. 良作ではあるが前作が偉大すぎた? シリーズの基本コンセプトはそのままに、細かなシステムは現代風に改良を加え、とても遊びやすく作られた本作. たとえば前作では、未鑑定のアイテムを入手した場合、スクロールを使用して鑑定する必要があった. 街に帰るためのポータルを開くのも同様に、スクロールが必要だった. 対する今作では、どちらも使用回数が無限になったため、わざわざスクロールを買いだめする必要がなくなったのだ. その代わり、発動するまで数秒の時間がかかるようになったため、緊急時にポータルを開いて脱出、というのは難しくなった. 単に簡単になったというわけではなく、面倒ではないが使用するタイミングに戦略が要求されるようになったのだ. 緊張感あふれるバトルは健在だし、キャラクターを成長させる楽しさもたっぷり味わえる. 同じクラスでもスキルのチョイスによって戦いかたがガラッと変わるため、末永く遊べるポテンシャルを秘めている. また今回紹介できなかった要素も、まだまだ存在する. nike ジョーダン 新作 昨今ではおなじみとなったACHIEVEMENTS(実績)も搭載. コンプリートは至難の業だが、ゲーマー心をくすぐられる. ただし、現在は最高難度のバランスに少々難があるようで、ネット上の評判は賛否両論のようだ. ふつうに遊ぶぶんには問題ないが、コアプレイヤーになるにしたがって、厳しい評価を下す傾向にあるようだ. 残念ながら前作の完成度は超えられなかったようだが、『 Diablo II 』自体が長期間にわたるアップデートによって完成度を高めていったため、本作もそうなることを期待して遊んでいこうと思う. 著者紹介 喫茶板東 ファミ通Xbox 360で海外ゲームマニアックス、実績解除愛好会などを担当するフリーライター. 本作はもっと遊び込みたいのだが、残念ながら時間が足りない. 『 Minecraft 』の時間泥棒っぷりがパネェ. 解像度や表現力が大幅アップ! エイタロウソフトによる、女性向け恋愛シミュレーションゲーム『 ラスプレ -Last Precious- 』のLite版が、GREEのスマートフォン向けプラットフォーム"Gree Platform for smartphone"初のiOS対応ネイティブアプリとして登場! 『 ラスプレ -Last Precious- 』は、通常のスマートフォン向けWebアプリ対応の恋愛シミュレーションゲームとは異なり、iOSに対応したネイティブアプリとなっている. ネイティブアプリを採用することで、画面解像度や表現力がWebアプリよりも格段にアップ. 個性的で魅力あふれるキャラクターたちが、より表現豊かに描写されているほか、人気の豪華声優陣を起用したボイスや、ストーリー展開にあわせたサウンド効果、さらに毎回のレスポンス速度なども向上. より快適にプレイできるようになっている. Lite版は完全無料. 今夏リリース予定の正式版から、シナリオとアイテム購入が可能となる予定. ※スマートフォン版GREEへのアクセスはこちら ※GREEトップの新着一覧からダウンロード可能 謎を秘めた従者カイ CV: 浪川大輔 オレ様系王子アレク CV: 中井和哉 不思議系天才少年リュカ CV: 野島健児 超美形ナンパ男スフィル CV: 近藤隆 【ラスプレ -Last Precious-】 プラットフォーム: Gree Platform for smartphone 対応機種: iPhone アクセス: ※GREEトップの新着一覧からダウンロード可能. 価格は各600円[税込] ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、プレイステーション3およびPSP(プレイステーション・ポータブル)向けのプレイステーションゲームアーカイブスにおいて、本日2012年3月14日、『 ことぶきグランプリ~めざせ! 原チャリキング~ 』と『 トランプしようよ! 復刻版 』を配信した. 価格は各600円[税込]. ※ゲームの詳細は→ こちら ことぶきグランプリ~めざせ! 原チャリキング~ トランプしようよ! 復刻版 (C)Syscom Entertainment 最強の召喚士ギルドを目指せ! 『ギルドサ Inc. (C)2000 PURE SOUND.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.06 Sunday
        • -
        • 00:04
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM