<< いよいよクライマックスに突入! TVアニ | main | セブンスドラゴン2020』の出演声優は3 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.06 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スマトラ島、噴火で14人死亡 マスコミ関

    0
      Sybaseを買収 してエンタープライズモバイル分野を強化したSAPが、国内でも攻勢をかける. SAPジャパンは 成長戦略の柱に「モビリティ(モバイル)」を掲げている が、9月27日には2011年第4四半期(10〜12月)に27種類の日本語版モバイルアプリケーションを提供すると発表. 合わせて、同日より3種類のモバイルアプリケーション導入支援サービスを提供することも発表した. 上野豊氏SAPのSybase買収は「コンシューマライゼーション」に通じる;週1200万ユーロのライセンス売上--サイベース、SAPとの統合効果を強調;エンタープライズモバイルの波に乗るサイベース;SAP、Sybaseの技術でモバイルエンタープライズ展開へ;SAP共同CEOインタビュー: イノベーションプロセスに顧客を巻き込む; 同社バイスプレジデント ソリューション営業統括本部 本部長の上野豊氏によれば、モバイル分野では「現在のレベニューに見合わないくらいの投資をしている」という. この領域では、2011年第3四半期(7〜9月)で20社の顧客を獲得(パートナーを含む). 第4四半期(10〜12月)を含む通年の見通しでは30社超の顧客獲得を見込んでいる. 第4四半期の顧客は、ユーザー企業が中心になるようだ. 「獲得した顧客数では、 SAP HANA よりもモビリティの方が上だ」と上野氏は豪語する. 現在提供中の2つの日本語版モバイルアプリケーションを合わせると、第4四半期には29種類のアプリケーションを提供することになる. SAPジャパンでは、モバイルアプリケーションを生産性向上のための「ライト」、業務部門および各業種向けの「エンタープライズ」、そして「コンシューマー」の3種類に分類. 今回発表された27種類のうち、21種がライト、5種がエンタープライズ、1種がコンシューマー向けのものになる(ただし、コンシューマー向けは、いわゆる「一般消費者向け」ではなく、住民サービスや患者介護などのBtoBtoC色の強いものになる). 今回の提供では生産性向上のためのライトアプリケーションが主で、対応デバイスはBlackBerryとiPhoneが中心となる.モバイルアプリケーションの分類※クリックで拡大画像を表示;29種類のモバイルアプリケーションを提供予定※クリックで拡大画像を表示; SAPジャパンでは、モバイルアプリケーションの開発と提供をパートナーとも協調して進めたい考えだ. 通信キャリアではNTTドコモとソフトバンクモバイルとともに、最新のモバイルデバイスへの対応と、デバイス上のモバイルソリューションの開発を協同で推進する. SAPパートナーとは、協同でシステム開発を手がけるといったトータルソリューションの提供を目指すとともに、業種別アプリケーションも開発および提供したい考えだ. ビジョン策定から実業務への適用までを支援 合わせて発表されたモバイルアプリケーション導入支援サービスは、「Value Prototyping」「Custom Development Project(CDP)」「Starter Pak」の3種を用意した. 各サービスの位置づけ※クリックで拡大画像を表示 Value Prototypingでは、顧客のIT部門に加えてユーザー部門も参加し、どのようにモバイルを活用していくのか議論するワークショップを実施. そこで共有したビジョンをもとに、プロトタイプのシステムを開発し、導入後のイメージを体験するサービスとなっている. ワークショップのみの場合は3日間からの提供、プロトタイプの作成も合わせると2週間からの提供となる. CDPは、業種業態や顧客特有の業務プロセスに合わせて、モバイルアプリケーションを設計開発するサービス. Starter Pakは自社で開発を手がけたい企業向けのサービスで、モバイルアプリケーション開発基盤の「Sybase Unwired Platform(SUP)」を使ったモバイルアプリケーション開発や、SAP製アプリケーションとの接続といったトレーニングを提供する. 林幹人氏 同社ソリューション営業統括本部 プラットフォームテクノロジー営業本部 本部長の林幹人氏は「どのようにしてモバイルでビジネスを進めるか、あるいは今のビジネスをどのようにモバイル化するか」といったユーザー企業の悩みを、構想の策定から実業務への適用にわたって解決できるサービスだとしている. また、上野氏は「SAPには2000を超えるERPユーザーと、1000を超えるBusinessObjectsユーザーがいる. (SUPやモバイルデバイス管理のAfariaを)単なるミドルウェアとしてではなく、活用を超えたソリューションとして提案していきたい」と述べている. インドネシア・スマトラ島のシナブン山(2460メートル)が1日、断続的に噴火し、地元住民らが火砕流に巻き込まれた. 噴煙は約2千メートルに達した. 国家災害対策庁によると、1日夜までに高校生や専門学校生、マスコミ関係者ら少なくとも14人の死亡が確認された. 他に3人が病院に搬送された. シナブン山は2010年に約400年ぶりに噴火. 昨年9月から再び活動が活発になり、山頂から半径5キロ以内は立ち入り禁止区域となっている. 2万6千人以上が避難生活を強いられているが、昼間は自宅の様子を見るために戻る人が多い. 有力紙のコンパス電子版によると、この日、高校生らは火山を見るために近づいていたという. (ジャカルタ=翁長忠雄).

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.06 Sunday
        • -
        • 08:13
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM